これは何のサイト?

おすすめのネクタイと結び方

知識

ネクタイはその時代のトレンドに左右されます。
例えば就活などで、そのまま大昔に使ったネクタイを使いわますのはNG。
古いものはフレッシュさを幻滅させるだけではなく、職種によっては面接結果を左右する可能性もあります。

久しぶりの転職活動や社内活動、社交場では可能な限り最近のネクタイを使うことをおすすめします。
目安としては1〜2年以内です。

転職活動や就活におすすめのネクタイ

ピンク系、ゴールド系、黒、白の無地や派手な色は基本NG。
柄物やキャラものはもちろんNG。

推奨するネクタイは以下のようなもの。
・ブルー、イエロー、ワインレッド、グレーのカラー
・柄はドット、ストライプ、チェックの柄
・ネクタイの幅は7~8cm程度

コスパ&実用的なネクタイ

BESTOD メンズネクタイ


ANCHOO ネクタイセット

CROWNEW ネクタイ

基礎的なネクタイの締め方

ネクタイの締め方自体は何種類もあります。
ただ、会社で見られるネクタイの締め方は大きく分けて4つです。

プレーンノットの特徴

一般的なレギュラーカラーのシャツに相性が合います。
就活やビジネスではこの結び方で問題ありません。
そのほか、披露宴や弔事などの冠婚葬祭でもこの結び方で問題ありません。

ダブルノットの特徴

その名の通り、ノット(結び目)が二重に重なるのが特徴の結び方。
こちらは襟羽根の大きいシャツに合わせやすいです。
長めのネクタイで結ぶとうまくいくため、長過ぎるネクタイの長さを調節するためにあえてこのやり方をするということもあります。

ダブルノットのメリット

ノットにボリュームが出るため、フォーマルシーンに最適です。
また、細長いネクタイとの相性が抜群です。

ダブルノットのデメリット

普通のネクタイより細めのものでやらないと余計に太くなりがちです。
故にプレーンノットに比べるとカジュアル寄りになります。

ウィンザーノットの特徴

真横に伸びたような逆三角形の形に仕上がります。
襟開きが大きめのシャツと相性が合います。

ウィンザーノットのメリット

結び目がしっかりとしていて、型くずれしにくい結び方です。
結び目が大きくなることが特徴なので、襟元にボリュームを加えたい場合はおすすめです。

ウィンザーノットのデメリット

結び目が結構大きくなるので、人の体型との相性ではちぐはぐに見える。

セミ・ウィンザーノットの特徴

こちらはウィンザーノットの簡略版です。
ノットの三角形が左右が対称になリ、鋭く見えます。
また、上品でネクタイの存在感が出ます。

セミ・ウィンザーノットのメリット

大体のシャツの襟に合わせられ、

セミ・ウィンザーノットのデメリット

小さめな襟型のシャツとはあまり相性が合いません。

関連情報

  • 雇用保険の仕組みと適用方法

    知識
  • 仕事を辞めたいときに準備することは?

    知識
  • おすすめのネクタイと結び方

    知識

お気に入り

タイトルとURLをコピーしました